PHASE 3は完成するまでに1年が経過しており、DHDチームの中で一番のお気に入りに戻りました。 このモデルは、ノーズとテールの幅が少し余分にあり、デッキのボリュームが増しています。 ボードのパフォーマンスを維持するために、DHは特にボードのテール全体でレールを低く保ちました。これは、かなり直線的なレールアウトラインとともに、ボードに無限の速度と駆動力を与えました。 ロッカーをわずかに下げると、ボードに十分な速度と移動速度が与えられます。これにより、特に波がやや柔らかい場合にターンを通してボードを解放できます。 大会で使用する場合でも、次のレベルに到達するための日常のショートボードを探している場合でも、DX1フェーズ3はサポートしてくれます。

Glassing — Stock Lite (4 x 4 x 3/4) + Tiger claws, which improves strength and flex.

Rocker — Medium to Flat Rocker

 

Concave — Slight Single Concave

 

Carbon — White Carbon Innegra Toe Patches

 

Tail — Wider Squash

 

Fins — Thruster, 3 Fin in Futures or FCS II

※適正ボードサイズはあくまでも目安の一つとなるものです。上記サイズ以外でも、それぞれのレベル、お好み、対象の波質などにより、ボードサイズの調整が可能です。Cl (lt)値とはボードの体積をリッター数値として表しています。

DX-1

DXー1PHASE 3 加藤嵐の一押しサーフボードの一つ!

動画を見ていただけると分かるのですが、物凄いスピードとコントロール性を兼ね備えている、このモデルは乗る人を選ぶことなく、柔軟に対応してくれるサーフボードです。

​連絡先

info@dhdjapan.com

Tel... 06-6541-6100

         080-5660-8819

  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon
​お問い合わせ
​メールマガジン

© 2018 by DHD SURFBOARDS JAPAN