TOP > BOARDS
BOARDS

EPOXICORE

High Performance

Small Wave Performance

Summer Series

Traveller

Glassing: (DHD Japanでは全てのグラッシングを無料で承っております)

4x_p1

コンプライト:
DHDのチームライダーが好んでオーダーするのがこの「4 x 4 x T」(ボトム一層、デッキ一層、テールパッチ)。ライディングをしていると、ボード自体が軽いのがダイレクトに伝わってくる。後ろ足の蹴り込みによるボードへの凹みを軽減するためテールパッチをプラスしている。
注:前足は部分は補強されていないため、フットマークによる凹みが早い段階でつきます。
  コンプストロングやスタンダードと比べると強度も落ちると言えます。

4x_p2

コンプストロング:
「4 x 4 x 3/4」(ボトム一層、デッキ一層、デッキ面積3/4をパッチ)
軽量仕上げにしつつも、フットマークがつきにくいようにデッキの3/4の面積にプラスもう一層クロスを巻いている。
コンプストロングにするだけで、サーフボードを持った時にもかなり軽く感じられる。

4x_p3

スタンダード:
「4 x 4 x 4」(ボトム一層、デッキ二層)
全てのサーファー向けグラッシング。グラッシングの指定が無い場合、全てこのスタンダードでの仕上がりとなります。コンプストロングと比べるとノーズのエリアがさらにカバーされている。

4x_p4

ストロングデッキ:
「4 x 4x 6」(ボトム一層、デッキ二層-2層目は6オンスのクロスを使用)。
体重がある方、ビッグウウェーブやパワーのある波用のボード、凹みを極力軽減させたい方は、ストロングデッキがお勧めです。

4x_p5

チーム:
チームライダーやプロ達が使用している「4 x 4」(ボトム一層、デッキ一層)
こちらはサーフボードを持った感じはもちろん、海の中でも軽く感じられます。
ポリエスターのフレックス性をより感じたい方、プロ達と同じ乗り味を感じたい方にお勧めです。
注:フットマークや凹みが速い段階でつきやすく、強度も落ちます。
  通常プロサーファーは1年未満でボードを交換するため、強度が落ちても極限までサーフボードを軽く仕上げようとします。

Copyright (C) DHD All Rights Reserved.